doctor

脳動静脈奇形の手術

異変を感じたらCTやMRIの検査を受けましょう

doctor

脳内を流れる血液は動脈から細分化された毛細血管を通り、酸素や栄養を細胞へ提供します。その後、排出された老廃物や二酸化炭素を、別の毛細血管を通って静脈に引き継ぎ、心臓へ戻ります。脳動静脈奇形は、血管の異常により動脈から毛細血管に至らず、直接静脈へ繋がってしまう症状で、動脈の強い圧力により、静脈の弱い部分が破れて出血します。出血の場所によって脳内出血や、くも膜下出血を起こします。脳動静脈奇形によって出血すると、頭痛や嘔吐、意識障害を引き起こします。出血しない場合でも、けいれん発作や手足の痺れを起こすことがあります。このような体調不良の症状が出た場合には脳動静脈奇形の影響も考慮し、早期にCTやMRIでの診断を受けましょう。

カテーテルでの治療が効果的です

CTやMRIで異常を発見した際には、カテーテルによる脳血管造影を行い、詳細な部位を特定して開頭手術で摘出します。正常な動脈と病気の動脈がつながる場所と、傷んだ静脈の部分を見つけ出し、遮断して摘出します。場所によっては全摘出できない事もあり、困難な手術といえます。また、治療法の一つにガンマナイフといわれる放射線治療があります。手術が困難な部位に集中的に放射線を当てることで、脳動静脈奇形を閉塞させる治療です。最近ではカテーテルによる塞栓手術を行うところもあります。股の付け根部分からカテーテルを差し込み、脳内の血管部分へ誘導し、傷んだ血管を塞ぐ液体を流し込んで動きを封じ込めます。開頭するリスクがなく、患者に負担の少ない治療が行われています。