doctor

胸腺腫瘍

胸腺腫瘍は自覚症状に気づかないことがあります

doctor

胸腺は心臓の上部にあり、Tリンパ球という白血球を作り出す組織です。幼児期から小児期には体の免疫を担う働きをしますが、成人期に入るに従って大きさが縮小し、退化していきます。最終的には、胸腺が脂肪組織に変わります。胸腺腫瘍は、この退化した胸腺細胞から発症します。元々機能していない脂肪の組織に発症するので、初期の段階では自ら気が付くことはまれで、良性の胸腺腫瘍はゆっくりと増殖していきます。また、胸腺癌のように悪性の腫瘍細胞は増殖が早く、転移する可能性があります。胸腺腫瘍は人間ドッグなどの健診から偶然に見つかっても本人は全く自覚のない、まれな疾患といわれています。胸腺腫瘍から発展する胸腺癌は更に少ない症例となっています。

重症筋無力症と併発することがあります

初期では全く気が付かない胸腺腫瘍は、段階が進むに従って、胸の痛みや咳、呼吸困難、うっ血の症状が出てきます。これらの症状が出てきたときは、かなり病状が進んでいたり、他の病状と合併症を起こしている場合があります。重症筋無力症は、体の筋肉が衰える症状です。まぶたが下がりやすく、飲んだり噛んだりする行為が苦手で、字が書けないなどの症状があり、特に夕方になると強い症状になります。胸腺腫瘍の患者の30%から50%は、この重症筋無力症を併発しています。発症年齢は30歳以上で、幼児期に発症することはかなり少なめです。特に多いのが40代から70代の成人で、胸腺が退化した後で、免疫力が低下した世代になるほど発症率が高くなっています。